ネットで切手の買い取り価格を比較しよう

買取り事例を参考にしよう

切手の価値は1枚毎に異なるため、売りたい切手の価値がどのくらいになるのか気になる人は多いと言えましょう。切手買取りをしているお店の中には過去の買取り事例が掲載されている事があります。買取り事例では希少性が高いものから、比較的新しい記念切手まで色々な事例が掲載されているため、これから切手を売りたいと言った場合など参考にするのがお勧めです。
切手を買取りするお店の中には、切手シートが中心でバラ品については古い時代の切手のみと言う所、同一の額面切手を1枚のコピー用紙などに50枚貼り付け、1枚の用紙に対して幾らと言った方法で買取りをしている所もあり、こうしたお店の場合には1枚当たりの金額が明記されているため、比較がし易いと言うメリットがあります。


切手の通販店でも買取り


切手の専門店では過去に発行された普通切手や記念切手、特殊切手の販売を行っていますが、こうしたお店の中には通販サイトで切手の販売を行っている所も少なくありません。
買取り価格と販売価格は異なるものですが、どのような切手が高く売る事が出来るのかの目安にする事も出来ます。
例えば、昭和初期の未使用普通切手が沢山あると言った場合、通販サイトの中で紹介されている切手の販売価格を調べます。価格を調べる事で、希少性がある切手と比較的リーズナブルな値段で販売している切手がある事が解ります。希少性が高い切手は販売価格も高くなるため、買取りして貰いたい切手の中に希少価値を持つ切手が含まれている場合は高価買取りが可能になると言う事です。